家・廊下のリノベーションをかんがえるときに必要なこと

家・廊下のリノベーションをかんがえるときに必要なこと

リノベーションとは、すでにある建物に大きな改修工事を行うことで、機能を増やしたり性能を上げるために行うことです。類義の言葉にリフォームがありますが、こちらは老朽化した住宅をもとに戻す修復の意味合いが強いです。これを行うことで自分の住み方に合わせて内装を好きに設計できることや新築に比べても費用を抑えることができること、物件の価値を上げることができるなどのメリットがさまざまあります。通常リノベーションするときは、家が老朽化したときや、家族構成が変わりライフスタイルが変わったとき、二世帯住宅にするときなどに行い、おもに行われるのは居間やキッチンの改築、部屋数の変更などですが、廊下を新しくすることも住みやすさを考えるうえではとても重要です。

廊下のリノベーションの目的はおもに二つあります。ひとつはバリアフリーのために行うことで、二世帯住宅や高齢者のいる住宅で行われます。ほかの部屋との間の段差をなくしたり、つかむ場所をつけること、足元を明るくする照明の設置、滑りにくい床への変更などを行い、転倒や事故の防止に繋がるように新しくします。もう一つが収納場所の確保のためです。廊下を通路ではなく収納スペースと考え、天井裏や床下、壁面、階段下などのスペースを十分に活用することができます。また、このほかにも廊下のリノベーションを考慮に入れると、家全体の明るさが変わるなどの効果もあります。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意