太陽光発電パネルを設置するリノベーションでは、安全性に注意して

太陽光発電パネルを設置するリノベーションでは、安全性に注意して

太陽光発電パネルを設置するリノベーションを行う場合に起こりうる問題として、とかく雨漏りばかりが注目されがちですが、建物の強度に関する安全性についても、十分に配慮する必要があります。

まず注意しておかなければならないのは、屋根の下地の問題です。古い家の屋根下地は、屋根裏の湿気によって、もろくなっているケースがしばしば見られます。太陽光発電パネルを設置するリノベーションを行うにあたっては、こうしたものを交換するとともに、建物の強度を損なわないように、構造用合板などの材料に交換する、といったような対処を、あわせて行う必要があるでしょう。

また、太陽光発電パネルを設置することによって、建物の荷重が増加する、という問題にも注意が必要です。近年では、地震の際の影響を考慮して、瓦葺きなどの重い屋根ではなく、ガルバリウム鋼板葺きのような軽い屋根にする傾向が顕著になっています。このような軽い屋根を前提にして建てられている建物の場合には、太陽光発電パネルを設置することによって荷重が増えた分について、改めて何らかの構造的な補強を施す必要があります。軽い屋根であることを前提として建っている建物をリノベーションする場合には、少なくとも建物が、瓦葺きのような重い屋根の場合と同じ程度の強度を持っているか、といったことを見直しておく必要があります。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意