梅雨の時期が長い佐世保だからこそリノベーションは前向きに

梅雨の時期が長い佐世保だからこそリノベーションは前向きに

九州地方の中でも雨が多いことで知られる佐世保市は、梅雨の期間が長いだけでなく一年の3分の1は雨が降ると言われています。そうなると常に雨と風に耐え忍んでいる住宅の外回りの劣化が心配になります。家族の快適な暮らしを守ってくれる住宅ですから、こまめな点検と必要に応じてリノベーションを考えるのも大切です。

降水量が多い佐世保市などの地域では住宅の庭部分の土が敷地外に流されます。一度に流れる量は微々たるものですが、長い年月をかけると相当な量になり、場合によっては基礎周りの土が無くなって基礎が露出したり、塀の周辺の土が流されて塀が傾いたりという危険もあります。そのため、外構のリノベーションということも必要になってくることおあります。

もちろん、佐世保市などの雨が多い地域では雨漏りのリスクも高まりますので、屋根や外壁のリノベーションを考えることも重要になります。経年劣化によってできたヒビ割れのため、いつの間にか雨漏りがしてしまうこともあるかもしれません。雨漏りが起こると湿気が高くなり、カビが発生するだけでなくシロアリなどの害虫が侵入することもありますので、そうなる前に早目の対応をしたいものです。点検のために素人が屋根に登るのは危険ですが、建物の壁の確認は簡単ですから、時間がある時にでも確認してみましょう。壁からの雨漏りは意外と多いものですからしっかりとチェックすることが肝心です。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意