リフォームとリノベーションでは工事内容が全く変わってきます

リフォームとリノベーションでは工事内容が全く変わってきます

建物は月日の年月とともに劣化していくものです。汚れや、壊れた所を修理して住まいを維持していくために、最低限行わなければならないメンテナンスが必要です。メンテナンスのような修繕が必要な時にリフォームを行うことが多いものです。必ずしもリフォームしなければ住まいを維持できないというわけではありませんが、少なくても現状のままでは快適な生活が送れないので生活空間を一新するために行うのをリフォームといいます。

このようなリフォームとリノベーションとは内容が違ってきます。例えばリノベーションとは、30代の人が中古の建物を購入して、骨組みだけ残して自分たちの生活にあった空間に作り変えてしまうものなのです。以前その建物に住んでいた人と時代も変われば生活様式も違いますので、単にリフォームした程度では快適な生活空間にはなりません。また、50代の人の場合を考えてみると、30代に新築で購入した時には子どもがまだ小さく、子ども部屋も作り部屋数も多かったのですが、子どもたちはそれぞれ独立して家を出てしまえば、夫婦二人の住まいになり、空き部屋が目立つ住まいに二人で住んでいるだけとなります。また、台所を見ると購入した時は最新式の台所でしたが、時代が経てば更に便利な台所が出ているし使い勝手が違います。このように生活の変化に応じて住まいの大改築を行うのがリノベーションなのです。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意