戸建てのリノベーションではどのような所に気を付けるべきか

戸建てのリノベーションではどのような所に気を付けるべきか

戸建てをリノベーションしてから売り出したり、中古で購入してから直したりなどリノベーションの需要が高まっています。建て替えるほどの予算はない、あるいはまだまだ躯体は何ら問題はないけれども設備、間取りなどに不満がある場合によく行われます。そこでリノベーションをする場合にどのような点に注意して進めればよいのでしょうか。

まず、全面的に新しくしたい場合ですが、よく検討してから行わないと場合によっては新築するのとあまり変わらなくなってしまいますので注意が必要です。それでも基礎工事などがない分工期は確実に短くなるというメリットがありますが、賃貸住宅などに住んでいない場合などリフォームが完成するまでの期間家賃などを払う必要がない場合には特に慎重な検討が必要です。次に、どこに不満があるのか具体的にしておく必要があります。設計士と相談しながら進めていくわけですが、具体性がないとその家族の事情が反映されません。リノベーションといってもオーダーのように要望に合わせた対応が可能なのですからできるだけ具体的にするようにしておきましょう。また、内装のみのリノベーションであっても戸建ての場合は特に外壁や屋根の確認は必ずして、少しでも問題がある場合はかならず補修するようにしましょう。小さなトラブルの段階で直すことで戸建ての寿命が劇的にのびます。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意