リノベーションとリフォームの違いとその使い分け方とは

リノベーションとリフォームの違いとその使い分け方とは

リノベーションとリフォームとはしばしば混同されてしまいますが、それぞれが違う意味合いを持っています。リフォームとは住居に欠陥が生じたり、住むのに困難な状況が生じてしまったりした際に、それを住み良い状態に作りかえることを言います。一方で、リノベーションとはまだそのままでも住み続けることに支障はないけれど、より住環境をよくするために住居の一部を作りかえることを指します。こういった考え方からするとリフォームは必要にかられて行うものであり、リノベーションは生活を豊かにするために行うものということができます。

したがって、施工業者に依頼をするときにも自分が目指しているのがリノベーションなのかリフォームなのかということを明確にして話をすることが大切です。リフォームしたいというと何か不満や不具合があってのことであると考えて、その問題を調べて解決するということに焦点をおいて仕事をしてくれることになります。一方、リノベーションをしたいということを伝えると、目標とする住環境について詳しく聞いて、それを実現するための方法について具体的に相談するという流れになるでしょう。こういった言葉1つで業界の人は利用者の考えを誤解してしまう可能性があるので、正しく言葉を使い分けるように心がけましょう。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意