リノベーションの場合でも、住宅ローンを検討してみましょう

リノベーションの場合でも、住宅ローンを検討してみましょう

リノベーションの場合には、いわゆるリフォームローンを利用するのが一般的です。

ただし、中古住宅を購入して、リノベーションを行おうと考えた場合に、そうしたリフォームローンを使用するには、大きく2つの問題点が考えられます。1つは、これらは手続きが簡単ではあるものの、一般に、金利が高めに設定されている上に、返済期間が短くなっている場合が多いことです。そしてもう1つは、住宅購入用とリノベーション用の2つの融資を並行して、同時に利用することになると、返済の負担が大きくなってしまうということです。こうした問題点を解決するためには、金利が低く、返済期間も長い、住宅ローンに一本化することを検討してみるといいでしょう。融資条件が整えば、リノベーションを目的としていても、住宅ローンを組むことが出来ます。

その場合には、抵当権の設定が必要となるため、審査が長くなるというデメリットはありますが、融資を受けることが出来れば、負担はかなり軽減されることになります。また、現在すでに住宅ローンを組んでいる場合には、追加融資が可能であるケースがあったり、借り換えによっても、かなりの負担を軽減出来る場合もあります。そうしたことを、金融機関へ確認しながら、トータルコストのバランスを、よくチェックしてから、決定することが大切です。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意