リノベーションの保証として、瑕疵保険を活用してみましょう

リノベーションの保証として、瑕疵保険を活用してみましょう

リノベーションを行う場合の保証として、いわゆるリフォーム瑕疵保険を活用することを検討してみるというのも1つの方法です。リフォーム瑕疵保険は、リノベーションの工事に瑕疵が発見され、その補修などを行った場合には、その費用などが事業者に保険金として支払われるというものです。新築住宅の保険としてよく知られているこの制度は、事業者が倒産してしまい、補修が出来ないといったような場合には、発注者に直接、保険金が支払われることになるため、かなりの安心感があります。

保険金の支払い対象と保険期間は、そのリノベーションの工事の瑕疵が原因で、構造耐力上主要な部分が基本的な耐力性能を満たさない場合や、雨水の浸入を防止する部分が防水性能を満たさない場合などには5年間、それ以外の部分が社会通念上必要とされる性能を満たさない場合には1年間となります。新築の場合とくらべると、期間が少し短く設定されてはいるものの、リノベーションの際の保証の1つとして、その活用を検討してみる価値はあるでしょう。

この保険を活用すると、新築の場合と同様、定められた設計施工基準を守ることが必要となる上、施工中または工事完了後に、現場検査が義務づけられることになるため、工事状況をチェックすることが出来るという点からも、保証になるものと考えられます。

無料ご相談フォーム

お電話でのご相談はこちら
10:00~20:00(年中無休)
TEL:0120-968-387

お問合せ内容必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
ご要望などお気軽に
ご相談ください
任意